バスガイドも厳しい時代になりました。


by q2rvkbkrei
 3連休初日で好天となった20日午前、行楽地などに向かう車で近畿の高速道路は混雑。日本道路交通情報センターによると、早朝に兵庫県宝塚市の中国自動車道で起きた大型トラック3台の追突事故をきっかけに渋滞が始まったとみられ、午前10時半には中国道や名神高速道路で最大39キロとゴールデンウイーク並みになった。

 兵庫県警によると、午前4時50分ごろ、宝塚市山本野里の中国道下りで、大型トラック3台がからむ追突事故が発生。運転手3人が首などに軽いけがを負った。午前10時過ぎに車両が撤去されるまで3車線のうち2車線で通行規制が行われた。同センターは「第二京阪道路が開通していれば、渋滞が緩和された可能性がある」としている。

【関連記事】
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩
計器の不具合で日航機が中部空港に引き返し
覆面パトとミニバイク衝突 三重、女子大生が重傷
母子が無理心中?踏切で人身事故 奈良・河合町
広末涼子さん、幼稚園に行く途中で接触事故

首相、贈与税3470万納付 「実母分」6億円上回る(産経新聞)
八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮−前原国交相(時事通信)
「本物として売らない」信じた偽作制作者に無罪(読売新聞)
牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)
[PR]
# by q2rvkbkrei | 2010-03-24 03:43
 南極海の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」(712トン)に反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーの男が不法侵入した問題で、船員法に基づき男を保護した同船は12日早朝、日本の領海に入った。午前11時ごろ東京・晴海に入港し、海上保安庁はニュージーランド人のピート・ベスーン容疑者(44)を艦船侵入容疑で逮捕した。

【写真特集】入港する調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」の様子など

 SSをめぐっては、警視庁が別のメンバー4人を威力業務妨害容疑で08年に国際手配しているが、実際にSSのメンバーを国内に連行して捜査機関が取り調べるのは初めて。

 逮捕容疑は、日本時間の2月14日夜から15日未明にかけて、水上バイクで第2昭南丸の後部から接近し、防護ネットを刃物で破って無断で乗り込んだとしている。

 海保や水産庁などによると、ベスーン容疑者は1月6日に第2昭南丸と衝突し大破したSS抗議船「アディ・ギル」号の船長。第2昭南丸に抗議するため乗り込んだと見られ、船員法に基づき第2昭南丸に保護された。

 大破した船の損害賠償金として300万ドル(約2億7000万円)を請求しているとされ、日本への連行に同意した。個室を与えられ、船員と同じ食事をとっていたという。

 2月11〜12日ごろには、別の抗議船から第2昭南丸に酪酸とみられる液体入りの瓶が投げつけられ、瓶が船に当たるなどして液体の飛沫(ひまつ)を浴びた船員3人の肌がただれた。ベスーン容疑者は瓶を投げたことを認めているといい、海保は第2昭南丸を検証するなどしてベスーン容疑者を傷害容疑でも立件する方針。【石原聖】

【関連ニュース】
【写真特集】調査船とシー・シェパード抗議船の衝突と連日の妨害
【写真特集】妨害を行ったアディ・ギル号
【写真特集】シー・シェパード抗議船による妨害
シー・シェパード:メンバー1人が調査捕鯨船に侵入

春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
マグロ禁輸阻止へ署名=築地市場の仲卸業者ら(時事通信)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
悪質商法、高齢者が標的に…業者にリスト流通(読売新聞)
下着盗み続けて10年…トラック運転手逮捕(スポーツ報知)
[PR]
# by q2rvkbkrei | 2010-03-19 15:12
 後発医薬品大手の大洋薬品工業(名古屋市)の高山工場(岐阜県高山市)が胃潰瘍(かいよう)などの治療薬を規格外のまま製造、販売したなどとして、岐阜県は近く、薬事法に基づき同工場を業務停止処分とする方針を固めた。

 処分期間は、今月中に10日間前後を検討している。

 県などによると、製造ミスがあったのは「ガスポートD錠20mg」。調合の際、一部薬剤の分量を間違えて約2万8000箱(1箱100錠入り)を製造し、品質検査でもサンプルを取り違え、規格外のまま病院や薬局などに出荷した。これまでに健康被害の報告はないという。

 同社は1930年創業。2009年3月期決算の売上高は約420億円で、従業員は648人。

<Dr.コトー>鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
<阿久根市>「まるで人民裁判」…市長主催の「市民懇談会」(毎日新聞)
海外ブランドや眺望すし店 関空出国エリアがリニューアル(産経新聞)
仕分け対象の可能性が高い50法人を公表―枝野担当相(医療介護CBニュース)
<素敵カラダプロジェクト>ヘルスケア商品で心も体も健康に レッスン始まる(毎日新聞)
[PR]
# by q2rvkbkrei | 2010-03-18 01:48
 宿泊せず、昼間の間だけ高級ホテルや旅館に滞在する「デイユース」が人気だ。場所や時期に合わせてさまざまなプランが用意され、インターネットの専用予約サイトもある。好調の背景には、長引く不況による顧客減を食い止めるために少しでも稼働率を上げたいホテルと、高級施設を手軽な料金で利用したい客のニーズがあるようだ。(道丸摩耶)

 ≪「プリンス」で仕事≫

 「デイユースは以前からやっていましたが、昨年10月に始めた『ホッと一息お昼寝プラン』は、午後1時〜午前9時までの好きな時間を6時間6000円で利用できる。月50〜60件ほど利用されています」と話すのは、川越プリンスホテル(埼玉県川越市)の担当者だ。観光客がひと休みするほか、周辺企業のビジネスマンがパソコンを持ち込んで仕事に使うことも多い。

 プリンスホテルにはデイユースを取り入れている施設が多く、2年ほど前からはさまざまなプランも増えてきた。

 200本以上の桜が咲く「ザ・プリンス さくらタワー東京」(東京都港区)では19日から、母親向け花見プラン(1万円〜)を開始。正午に入室し、弁当を食べながら午後4時まで室内から花見ができる。寒さや周囲に響く子供の声を気にせず、通常5万円以上の部屋を使えるのが魅力だ。

 同ホテルは宿泊客の入館が午後3時、退館が午後1時のため、デイユースに使った部屋を同日の宿泊に使って回転率を上げることは難しい。それでも「通常では来ない近隣の人や、ホテルの部屋を体験してみたい人、特に女性に人気」(同ホテル)だそうだ。

 ≪震災がきっかけに≫

 こうした日帰り利用は高級旅館にも広がっている。有馬温泉の旅館「竹取亭円山」(神戸市北区)は、阪神・淡路大震災の被災者に温泉を提供したことをきっかけに昼利用を開始。昨年2月からは、午後3時入館、10時退館の「夕食付き日帰り」プラン(1万5千円〜)も始めた。温泉に入った後は部屋でゆっくり食事。旅館の魅力が十分に楽しめる。

 大阪、神戸からも近いため、昨年末には会社の忘年会などに利用された。また、遠方の親戚(しんせき)は泊まり、近くの家族は日帰りにするなど、プランを組み合わせて家族で過ごす客もいるという。

 全国の宿泊施設のデイユースをネット予約できるサイトもある。楽天トラベル(東京都品川区)が平成14年6月に開始した予約サイトでは、参加施設やプランが年々増加。利用者も増えている。「最近は日帰り旅行がブームになっているが、観光地にある施設のデイユースプランを日帰り旅行に組み込む人も多い」(同社広報)という。

 流通ジャーナリストの金子哲雄さんは「高級ホテルや旅館は『格式』を重視するため、値段を下げるわけにはいかない。そこでさまざまなお得なプランを用意する」と解説。「普通では泊まれない高級施設の雰囲気や料理を安く味わえるチャンスです」と、不況時代の「お手軽レジャー」を推奨している。

 ■デイユースさまざまな組み合わせ

 日帰り旅行中や旅行・出張の前後に「デイユースプラン」を組み合わせるケースも増えてきている。

 例えば、日帰りスキーと近くのホテルのデイユースプランを組み合わせておけば、天候や体調が悪くなった場合に安心だ。また、空港や新幹線の駅近くのホテルのデイユースプランを申し込んでおけば、出発時刻までの余った時間を部屋でゆっくり過ごせる。

 顧客のさまざまなニーズに合わせ、プランも多種多様。当日予約を受け付けている施設も多く、急な予定変更にも対応しやすいようだ。

【関連記事】
1泊19ドルの高級ホテル…寝るのはテント
尼僧体験いかが? ホテルグランヴィア京都が宿泊プラン
ミス・ユニバース候補が初合宿! プリンスホテルで美を磨く
一生に一度だからこそ! 美のプロが挑む「ホテル婚礼」が復活
日帰り入浴施設が人気 ホテル・旅館ため息「宿泊がベストだが…」
シルバーウイーク、海外ホテル予約サイトで!?
20年後、日本はありますか?

<火災>2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区(毎日新聞)
政府の普天間対応批判=自民・谷垣氏(時事通信)
<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
最愛の妻を手をかけた夫の苦悩 「老老介護」の悲劇(産経新聞)
<愛子さま>宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題(毎日新聞)
[PR]
# by q2rvkbkrei | 2010-03-16 17:50
 理不尽な要求を繰り返す「モンスターペアレンツ」と呼ばれる保護者らに高校の教育現場が苦慮している問題で、兵庫県教委は4月、教育関係者と弁護士、精神科医の3人による「問題解決サポートチーム」を創設する。

 こじれる前に関係者から話を聞き、専門知識を生かして早期解決を図る。同様の制度は全国的にも珍しいという。

 県教委によると、県立高で保護者らの対応に苦慮した事例は、調査開始の2006年度は13校16件。08年度は24校28件に増えた。学校側が電話などで対応した回数は、06年度が1件につき平均5・6回だったのに対し、08年度は8・9回と、解決への負担も増加傾向だ。

 授業中に教諭から厳しくしかられ、成績が伸び悩んだとして、親から「進級を保証しろ」と言われたり、喫煙現場を目撃された生徒の親が「言いがかりだ」とかばったりした事例もあった。深夜でも保護者に呼び出されることもあり、体調を崩して休職に追い込まれた教諭もいるという。

 チームは、学校現場で生徒指導の経験が豊富な教職員OBらから選んだ1人を県教委に配置。必要に応じて弁護士や精神科医とともに学校に赴き、教員や関係する保護者、地域の人の話を聞いて解決策を探る。また「学校側が取り合ってくれない」などと言う保護者や住民の相談にも応じる。

 新年度当初予算案に306万円を計上しており、県教委は「問題を公平に見る『第三者』の視点で解決してもらい、教員の負担を減らして学校運営をスムーズにしたい」としている。

朝鮮学校 金総書記、運営に指示 「統廃合は敗北主義」反映(産経新聞)
全国学力テスト、小中学校の73%が参加(読売新聞)
<空自官製談合>空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正(毎日新聞)
盗難トラック、スーパーに突っ込む…ATM狙う?(読売新聞)
「3月8日」何の日?…サバ料理味わう日だって(読売新聞)
[PR]
# by q2rvkbkrei | 2010-03-11 23:07