バスガイドも厳しい時代になりました。


by q2rvkbkrei

ツルリ!!そうめんなど40種販売 播州めんまつり(産経新聞)

 そうめんなどの特産めんをPRしようと、兵庫県姫路市南駅前町の「じばさんびる」で16日、播州地域の麺を出品・販売する「播州のめんまつり」が始まった。17日まで。

 兵庫県西部は揖保川流域を中心にブランドそうめんなどの産地として知られている。めんまつりは毎年6月中旬に財団法人西播地域地場産業振興センターが開催しており、今年で21回目。

 今年は7団体が出品し、そうめんやひやむぎ、うどんなど約40種類の麺を販売。そうめん流しが行われたほか、上郡町の特産品でモロヘイヤ入りのうどん「円心モロどん」も振る舞われ、来場者たちが食感を確かめていた。

 友人と3人で訪れた姫路市上大野の主婦、藤尾ひとみさん(52)は「幼いころから麺が大好きで、中元は毎年播州の麺を送っています」と話していた。

 午前10時から午後6時。問い合わせは西播地域地場産業振興センター((電)079・289・2832)。

【関連記事】
お中元商戦、今年のトレンドは「健康」「エコ」
ひっぱりうどん“発祥の地” 宣言で共有の財産に
「世界最長」はならず、京都府井手町のそうめん流し
熱々を冷たく? これがおいしいんです
他人まね嫌う大阪人…ラーメン根付かぬ文化のなぜ?

おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
新型インフル 「毒性に応じ対策を」 総括会議が報告書(産経新聞)
<荒井戦略相>事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」(毎日新聞)
14年度が最多の5割超=消費税引き上げ時期―民間予測(時事通信)
野球賭博 角界関与広がる 元組員は幕下力士の兄(産経新聞)
[PR]
by q2rvkbkrei | 2010-06-19 03:45